メインイメージ画像

さまざまな国の言語の翻訳してみる

世界共通用語の英語ではない言葉では、めずらしいアルファベットや、読み方が解らない文字がたくさんあります。その国に関する専門職でない限り、そのような言語を日々、必要に迫られて日本語訳するという事はほとんどないかもしれませんが、見た事のない文字を含む文書が、インターネット上にある物であれば、無償の他言語翻訳サイトにコピペして、その意味を翻訳してみると面白いです。変わった形のアルファベットは、パソコンで打ち込む事ができなかったり、読めないので、検索する事ができないですが、興味のある国の言語で書かれたホームページ等を遊びで解読していくと、語学に対する新たな視野が広がって、新しい楽しみ方ができます。

それを機に、英語以外の読めなかった言語を勉強してみるのも良いのではないでしょうか。

質の良い翻訳業者を探し出すには、その会社が、現地出身の人のスタッフの検査を導入しているかを基準にすると良いみたいです。語学ができれば、どの国の人が翻訳してもだいたい正確な訳にはなりますが、アメリカやイギリス等の、ネイティブスピーカーが監修していれば、その国独特の慣用句や、少しのニュアンスの違いを上手に訳してくれます。

こういった技術は、長い間その国で暮らしている人でないと簡単に得られる物ではありません。仕事での利用等、ちょっと意味が伝わるだけでは困るな場合は、資格を持っていたり、英哀話が得意ネイティブ以外の翻訳者よりも、ネイティブスピーカがチェックしている翻訳業者を選べば、質のよい和訳をしてもらえる確率が高まります。